2010年04月17日

<トキ襲撃>犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡(毎日新聞)

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターの順化ケージでトキがテンに襲われ9羽が死んだ事故で、環境省は13日、事故後ケージに侵入したテンの映像を公開した。このテンがトキを襲った可能性があるという。

【動画でみる】トキの順化ゲージに侵入したテン

 映像は、環境省が新潟市で開いた事故の検証委員会で公開された。同省によると、撮影されたのは7日午後6時ごろの14分間。テンが順化ケージの高さ約5メートルの位置にある網目と鉄骨のすき間(高さ約4センチ、幅約20センチ)から侵入し、天井のはりをつたって地面に下りた後、別のすき間(高さ約4.5センチ、幅約23センチ)から外へ出る様子が映っている。

 委員の小宮輝之・上野動物園園長は「(テンはすき間のある)位置を知っていて入ったように見え、既に(順化ケージを)縄張りとしていると思う。あのテンを捕まえ、他のテンが現れなければ、あのテンが(トキを襲った)犯人だろう」と話した。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
【動画でみる】トキのペアの擬交尾
【動画でみる】トキのゲージに野生動物が侵入
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
トキ:襲撃事故で検証委発足 「天敵対策甘すぎ」初会合で

札幌で最大風速30m超の強風、6人けが(読売新聞)
<貸倉庫殺人>借り主の関係者ら3人が行方不明 長野(毎日新聞)
船体に赤い塗料 妨害つめ跡 調査捕鯨母船が帰国(産経新聞)
<鹿嶋市長選>現職の内田氏が接戦制し4選 茨城(毎日新聞)
止まらぬ橋下vs井戸、座長は「じゃんけんで決定?」 3空港懇(産経新聞)
posted by アツミ トメキチ at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

DPP-4阻害薬とSU薬との併用に注意(医療介護CBニュース)

 門脇孝・東大大学院医学系研究科教授は4月13日、ノバルティスファーマのプレスセミナーで講演し、16日付で薬価収載される同社のDPP-4阻害薬エクアについて、「スルホニル尿素薬(SU薬)と併用する際には注意が必要」と注意喚起した。

 また、2型糖尿病治療の中でのエクアの位置付けについて、「多くの2型糖尿病患者にファーストチョイスとして考慮し得る」と指摘。HbA1c7.5-8%程度の患者が6.5%を目指すことも可能だとした。
 一方、HbA1cが8%を超える患者で、単剤では効果が不十分な場合には、他剤との併用や切り替えも必要になるとした。

 現在エクアと併用が認められているのはSU薬のみだが、門脇教授は「(既に販売されている)DPP-4阻害薬とSU薬高用量との併用で重症低血糖が起きた事例が10以上報告されている」と指摘。重症低血糖はいずれも投与2-4日後の早い時期に発現し、昏睡も何例か見られたが、すべて既に回復しているという。門脇教授は、特に65歳以上の高齢者で、SU薬としてアマリールを投与している場合は、あらかじめ2mg以下にまで減量した上で併用する必要性を強調した。

 また、既に販売されているDPP-4阻害薬が1日1回投与なのに対し、エクアは1日2回投与だが、これについて門脇教授は、24時間にわたりDPP-4の働きを90%以上 阻害できる投与方式だと評価した。また、単純比較はできないとしながらも、臨床試験の結果からは、空腹時2時間血糖値の低下やHbA1cの低下が他のDPP-4 阻害薬よりも大きかったとも指摘した。

 安全性については、これまでの全世界での臨床試験から、他の糖尿病治療薬に比べて特に問題となる副作用は見られなかったとしながらも、長期投与時に注意が必要だとした。


【関連記事】
糖尿病領域の活動強化でビジネスユニット創設―サノフィ・アベンティス
「糖尿病初の再生治療薬になる可能性」―仏サノフィ導入の新規化合物
新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り
新規2型糖尿病治療薬に併用効能を追加申請―武田薬品
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」

<立川談志さん>13日に復帰(毎日新聞)
国会議員「仕分け人」8人を発表=社民も参加−第2弾(時事通信)
シスメックス: 血中循環がん細胞検出技術の臨床的有用性の検証に向け、国立がんセンターと共同研究を開始
千葉・大原海水浴場でオットセイ保護(産経新聞)
調査捕鯨母船が帰港=南極海で妨害受ける(時事通信)
posted by アツミ トメキチ at 00:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

<福岡発砲>西部ガス支社に脅迫文など届く(毎日新聞)

 福岡市東区東浜1の西部ガス関連会社ビルで6日夜にあった発砲事件に絡み、西部ガス北九州支社(北九州市小倉北区)に今年2月、脅迫文と銃弾が送りつけられていたことが捜査関係者への取材で分かった。同社はそのころ、北九州市若松区にLNG(液化天然ガス)の受け入れ基地の建設を発表しており、福岡県警は工事の下請け参入などを巡って暴力団とのトラブルがなかったか、捜査を進めている。

【関連記事】事件:西部ガス関連ビルに発砲

 西部ガスが北九州市若松区に建設を予定しているLNG受け入れ基地は総額700億円のビッグプロジェクトで、今年6月に着工し、14年11月の運転開始を目指している。

 建設工事の概要は2月に発表されたが、捜査関係者によると、発表と前後するころ、西部ガス北九州支社に銃弾1発と脅迫状が郵送されてきたという。

 西部ガスを巡っては、07年2月26日に北九州市小倉北区の同社北九州支社が入居予定だったビル、同月28日にも福岡市博多区千代の本社が入ったビルに銃弾が撃ち込まれた。

 一方、6日夜の発砲事件の現場となったビルは西部ガスグループの不動産管理を担う「西部ガス興商」が所有。8階建てで、西部ガスと関連会社計5社が入居している。

 県警によると、撃ち込まれた銃弾は5発とみられ、正面玄関のガラス扉を貫通し、階段に薬きょうが数個落ちていた。6日午後10時50分ごろ、従業員が発砲音を聞き、直後に黒っぽいウインドブレーカーに白いフルフェースのヘルメットを着用した人物がバイクに乗って北に走り去るのを目撃していた。県警はこの人物が銃撃したとみて行方を追っている。

【関連ニュース】
福岡発砲:西部ガス役員宅近くに数個の薬きょう
嘉麻の建設会社銃撃:怖い、住民おびえる 「子ども巻き添えが心配」 /福岡
絶て!暴力:1800人不屈の行進 暴追総決起大会 参加者3倍 北九州
絶て!暴力:「早急に発砲犯検挙を」 北九州市長、県警に「注文」 /福岡
福岡市長:独自の暴排条例、早期制定目指す /福岡

<葬儀>藤井黎さん=10日午後1時、仙台市の斎苑別館(毎日新聞)
足利事件 捜査検証報告書を公表 DNA型鑑定を過大評価(毎日新聞)
シャトル 山崎さんが宇宙仕様のカーディガンを持参(産経新聞)
<国分寺路上遺体>20代の男6人 殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
「おごり一掃」「信頼回復」…入社式、再生託す(読売新聞)
posted by アツミ トメキチ at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。