2010年05月24日

農家支援の低利融資拡充=口蹄疫問題で―農水省(時事通信)

 農林水産省は21日、宮崎県で口蹄(こうてい)疫感染の影響から家畜市場の開催中止が相次いでいる事態を踏まえ、経営支援の追加策を発表した。経営継続が困難となった農家に資金を低利融資する社団法人中央畜産会の事業対象に、沖縄県を含む九州全域の子牛や子豚を出荷する農家を加えるなどが内容。 

【関連ニュース】
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省
口蹄疫、25・26日に質疑=山岡・平野氏が確認
全日空、宮崎発着線の運賃払い戻し=口蹄疫対応
口蹄疫「給食に影響ない」=川端文科相
殺処分に全額補償=口蹄疫で特措法案

<環境教育セミナー>「生物文化多様性とアニミズム」テーマに 6月5日開催(毎日新聞)
法人税、15%下げ提言=経産省の産業構造ビジョン骨子案(時事通信)
<将棋>「勢いの3連覇」から14年 羽生、円熟の栄冠(毎日新聞)
JR西、新型車両を公開=安全性重視の構造―福知山線事故の教訓生かす(時事通信)
「政府・県に一定の問題ある」=口蹄疫被害拡大で首相(時事通信)
posted by アツミ トメキチ at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。